レーザー脱毛のメリット、デメリットとは

レーザー脱毛のメリット、デメリット
医療機関だけが使える強力なレーザー脱毛。短期間で高い効果が期待できるので人気の脱毛方法ですが、デメリットもあります。今回はレーザー脱毛のメリットとデメリットをご紹介します。

レーザー脱毛について

レーザー脱毛の方法

まず、レーザー脱毛を行う箇所は事前に毛を剃っておく必要があります。毛が伸びた常置では効果が出ないので、剃り残しがあったときは毛を剃ってくれるクリニックもあります。

VIOなど、自分では見えにくい箇所の毛を剃るのは大変なので、そういうときはムリせず相談してみましょう。

毛抜きで抜いてしまうと毛根まで取れて、レーザー脱毛の効果が下がるので、毛抜きやブラジリアンワックスの処理はレーザー脱毛の1ヶ月前からは行わない方がよいとされています。

レーザー脱毛の機械はコンビニのバーコードリーダーのような形をしていて、先端を肌にくっつけてボタンを押すと、プシュっという音とともにレーザーが照射され、毛根へダメージを与えます。

レーザーが照射された瞬間はパチンという痛みと、毛が焼け焦げたような臭いがします。

一度にレーザーを照射できるのは数センチの範囲しかないので、施術は何度も何度も細かく移動しながら繰り返し行われます。

繰り返される痛みがツライようだったら、レーザーのパワーを弱めてもらったり、麻酔をお願いすることもできるので相談してみましょう。

レーザー脱毛の流れ

レーザー脱毛は強力な光を出すため、基本的にはアイマスクのようなゴーグルを装着した状態で施術を受けます。

レーザーの強さによっては肌が弱いヤケドを負ったような状態になるため、冷却ジェルで冷やしたり、炎症止めのクリームを塗ったりします。

施術後の日焼けは厳禁。当日は施術箇所を刺激せず、シャワーだけの入浴を勧められます。

施術から数日経過すると、レーザーで焼かれた毛が肌表面へ露出してきて、それまでよりも濃く見えてしまうことがあります。

この毛は1週間〜2週間程度で自然に抜け落ちていき、レーザー脱毛から2週間もすればツルツルの肌になります

レーザー脱毛は施術直後には効果が出ず、毛が抜けるまでは2週間程度かかるということを意識しておきましょう。

毛が生え替わるサイクル「毛周期」に合わせて、ワキや手足なら1ヶ月〜2ヶ月おき、VIOなら2ヶ月〜4ヶ月おきの施術が効果的とされています。

はっきりとした効果は4回目あたりから出てくるため、短くても半年、長ければ1年以上は時間がかかってしまいます。長期的な計画が必要です。

メリット

なんといっても高い脱毛効果です。しっかりとレーザー脱毛を行うと、数年たってもツルツルだったり、うぶ毛のような毛しか生えてこなくなるほどの脱毛効果が期待できます。

また、医療機関で行うので、痛みが強い場合は吸入式の「笑気ガス」という麻酔や、肌に塗るクリーム状の痛み止めを使うことができるので心強いです。万が一の肌トラブルの際も、すぐに医師へ相談できるのもメリットといえるでしょう。

エステなどで行う光脱毛やフラッシュ脱毛では確実な脱毛ができず、数年後にまた毛は生えてきます。

なぜならば、エステ脱毛では毛根の一番下にある毛乳頭は破壊されず残ってしまうので、また毛根が再生されてしまうからです。

一方、SBCの根こそぎレーザー脱毛は、最新医療用レーザー仕様により、毛根、毛乳頭までエネルギーが届き確実に脱毛を実施することができます。

また、医療機関で資格を持ったスタッフが脱毛施術を行いますので、ご納得のいく仕上がりをご提供することができます。

http://www.s-b-c.net/bodycare/>湘南美容外科クリニック

デメリット

レーザーは毛根の黒い部分へ反応してダメージを与えるため、日焼けした肌やホクロがある部位だと、肌にヤケドを負う危険性があります。

また、白髪は毛根が黒くないため、レーザー脱毛では処理ができません。

施術は毛を剃った状態の肌へ行うので、施術者は本当にそこが毛の生えている箇所なのか、脱毛したい箇所なのかを判断することができず、決められた範囲を機械的に処理して終了です。

そのため、レーザー脱毛を受けたのに毛が残ってしまっているということになりがちです。脱毛効果が高い分、脱毛をしていない箇所との差が目立つのもレーザー脱毛ならではです。

多くのクリニックは、「太もも」と「ひざ下」、「二の腕」と「ひじ下」のように、細かくパーツを分けて料金設定をしています。

たとえば「太もも」だけレーザー脱毛を行うと、太ももはツルツルなのにひざ下はムダ毛が目立つという状態になることがあります。

差を分からなくするには結局全身脱毛をすることになる場合が多いので、全身をやったらどのくらいの金額になるのか、あらかじめ調べておくとよいでしょう。

レーザー脱毛後の肌は日焼けが厳禁です。日焼けをすると、そのまま色素が沈着してしまう恐れがあるため、日焼け止めをしっかり使うようにしましょう。

ワキの脱毛であれば、ノースリーブの季節は施術を受けないように計画を立ててもよさそうです。

まとめ

レーザー脱毛は高い脱毛効果が期待できる一方、脱毛効果が高いので脱毛している部位としていない部位の差が目立ってしまいます。

また、「密集して濃い毛をまばらに薄くしたい」といったことや、「自然な形で毛を残したい」といったデザインには不向きで、とにかくすべての毛をなくしてツルツルにしたい!という用途に適しています。

毛周期に合わせる必要があるので、どうしても長い期間が必要ですが、一度ツルツルの肌を知ってしまうと全身ツルツルにしたくなる人が多いようです。

しっかりと計画を立てて、素敵な美肌を手に入れましょう!

【注目!】自分に合った脱毛サロンを検索して探してみよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です